売却コラム

2018/12/20【コラム】買い替え・住み替えってどう?

持ち家に住んでいてそこからの住み替え、買い替えの場合には、以下の2パターンに分けられます。
①持ち家の売却を先行でいく
②住み替え先の購入を先行でいく

どちらのパターンもそれぞれメリット・デメリットがありますのでご状況に併せてどちらのパターンがよいか、考えていくのがよいかと思います。
ここからそれぞれのメリット・デメリットに関して記載していきます。

①売却先行型
【メリット】
持ち家の売却代金が明確になるため、住み替え先の資金計画を立てやすい。
急いで売却する必要がないため、条件面をある程度妥協せず進めていくことが可能。

【デメリット】
売却物件の引き渡しでに希望の物件が見つからない可能性がある。※仮住まいが必要になるケースも・・・
売却物件の引き渡しにタイミングを合わせるために急ぎ、新居の条件を妥協しなければならない可能性がある。


②購入先行型
【メリット】
希望の買い替え先をじっくり探すことができる。
買い替え先の物件が決まってから持ち家を売りに出しても、購入物件によっては時間的猶予がありタイミングを合わせやすくなる。

【デメリット】
買い替え先の引き渡し日までに売れないと住宅ローンが二重になる場合がある。


いかがでしょうか。それぞれのお住み替えのご状況、ご要望によって向き不向きがありますので、将来のプランを見据えてのご提案ができればと思います。



ページトップへ