売却コラム

2020/11/10【コラム】仲介手数料はいくらかかるものなのか

所有不動産を売却する際、不動産会社に依頼すると仲介手数料が発生します。
仲介手数料とはいくらかかるのでしょうか?
また、仲介手数料は安くなるものなのでしょうか?


≪仲介手数料はいくらかかる?≫

仲介手数料は不動産を売る、買う、貸す、借りるなどの際に発生する成功報酬です。
仲介手数料は売買契約が成立した場合のみ、発生します。
また、契約が無効になった場合も支払う必要はありません。


不動産を売る際に発生する仲介手数料は、
取引物件価格(税抜)が
200万円以下の場合: 取引物件価格×5%+消費税、
200~400万円以下 : 取引物件価格×4%+2万円+消費税、
400万円超の場合 : 取引物件価格×3%+6万円+消費税となっています。

この金額は上限なので、不動産会社によっては
この金額よりも安くしてくれる場合もあります。


≪仲介手数料を安くしてくれる不動産業者もある?≫

仲介手数料は上限が決まっていますが、いくらになるのかは
不動産業者との話し合いで決まることもあります。
近年では仲介手数料を半額にしたり、割引をしたり、といった具合に
安くしてくれる不動産業者も出てきています。

不動産業者の販売戦略によっては、経費のかかる折込チラシを削減し、
インターネット広告に力を入れるなどして広告費を削減したり、
業務改善をしたりして仲介手数料を安くしている業者もあります。

もちろん「仲介手数料が安いから」といっただけで不動産業者を選ぶのは危険です。
実績やコミュニケーションの取り方など、信頼のおける不動産会社を選ぶことが大切です。



ページトップへ