売却コラム

2019/12/24【コラム】共有名義の不動産はどうやって売却すればいい?

所有者が複数いる共有名義の不動産を売るには、共有者全員の承諾を得るか、持ち分に応じて分筆して売却しなければありません。
所有権を持っているからといって、勝手に売却することはできないのでご注意ください。

親戚や家族と共同名義で不動産を所有しているあなた。
このページでは共有名義の不動産を売却する方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

共有名義の不動産とは?
一つの土地を複数人で相続したときや、夫婦でお金を出し合って家を購入した際には、共有名義の不動産となります。
共有名義の不動産は、持ち分の大きさに関わらず、共有者全員の同意がなければ売却することはできません。
そのため共有名義の不動産売買では、トラブルに発展するケースが多いのです。
一般的に共有名義の不動産を売却するには、共有者全員の同意を得るか、持ち分に応じて不動産を分割(分筆)し、それぞれが売却するしかありません。
また相続して登記簿登録する前であれば、代表者の名義で一括売却し、売却金を相続人で分配することも可能です。

共有名義の不動産を売却する方法
共有者全員の同意を得ることができれば、一番簡単に売却することができます。
全員分の同意書を用意することができれば、代表者が売却することが可能です。
しかし事前に配分などを確認しておかなければ、後々トラブルに発展する可能性が高いので、共有者全員にしっかりと説明するようにしましょう。

自分の持ち分を調べる方法
自分の持ち分がどれくらいあるのか分からない方は、法務局で登記簿謄本を確認してみましょう。
登記簿には共有者の名義と持ち分が記載されているので、法的に認められているあなたの持ち分を正確に調べることができます。
共有名義の不動産を売却する際には、まず共有者全員の持ち分を正確に把握しておきましょう。


持ち分の権利だけ売却することも可能
共有者が売却にも分筆にも応じないのであれば、持ち分の権利だけでも売却することが可能です。
しかし一般人は持ち分の権利を貰ったからといって、どうすることも出来ないので需要はありません。
基本的に持ち分の権利を売却する際には、別の共有者に購入してもらうケースがほとんどです。
その他、持ち分の権利を担保に、金融機関から融資を受けることもできます。


持ち分を担保にして借金は可能?
共有名義の不動産であっても、持ち分の権利を担保にして金融機関から融資を受けることができます。
万が一、完済できなければ持ち分の権利は借り入れ先の金融機関へ譲渡されることになります。
一般人が他人の持ち分だけを貰っても活用しようがないですが、金融機関であれば様々な方法で資金を回収することができるのです。
しかし共有名義人に迷惑がかかる可能性もあるので、融資を受ける前に一言相談しておくことをおすすめします。


共有名義の売却に強い不動産会社を選ぼう
共有名義の不動産は、通常の不動産とは異なり手続きも煩雑です。
そのため共有名義の売却に強い不動産会社でなければ、取引がスムーズに進まない可能性が高いです。
不動産会社に相談される際には、共有名義でも売却できるか聞いておきましょう。



ページトップへ