売却コラム

2019/06/25【コラム】戸建の売却はマンションより難しいのでは?という先入観

不動産をお探しのお客様の中には、「将来的に売却も考えているのでマンションが希望です」というお客様がよくいらっしゃいますが、
その理由をお伺いすると「マンションの方が売りやすいですよね?」という返答が来たりします。

「戸建は売却しにくい」や「売れない時には更地にするから解体費用が・・・」などの先入観をお持ちの方が多いようです。


私どものように、不動産の売却や購入の仲介をしている者から申し上げますと、
「戸建は売却しにくい」や「マンションの方が売れやすい・売りやすい」というのは、
単なるイメージであり、先入観に過ぎないと思います。

不動産において「戸建だから売れない」などということは全くありません。
不動産は、需要と供給が合致すれば、必ず売れます。

特に、都内のマーケットに関して言えば、他の県やエリアに比べ、
非常に流動的であり、戸建のマーケットはしっかりと形成されております。
レインズ(不動産流通機構システム)で流通データを見てもそれは明らかです。

【マンションと戸建では何が違う??】

では、実際にマンションと戸建では売却に関して何が違うか?ということになりますが、
基本的に、契約から決済(引渡)までの手続きとしては何も変わりはありません。

細かい点での違いは何かと言うと、
マンションの場合には、既に建っている大きな建物の中の一部屋(区分された部分)を売るという事ですので、
建物自体は変わりませんし、その中のお部屋の広さは決まっておりますし、設備面の不具合の確認等々くらいで済むかと思いますので、
実際の購入検討者が内見をして気に入れば、、、という話になってきます。

中古戸建の場合には、購入検討者の立場から見ると、
・いわゆるそのままの中古戸建の購入
・中古戸建をリフォームするつもりの購入
・リフォームされた中古住宅の購入
・古屋付き土地ということで、解体して土地(更地)にするつもりの購入

という様々な需要がありますので、
売却される戸建の状態によって、入り口となる売り方が少し変わってくるのと、
部屋(区分)ではなく、土地と建物というくくりになるので、そこがマンションとの違いの一つ目でもあり、
逆にいうと、それだけ幅の広い売り方が可能という事にもなります。


もう1点、マンションとの違いは、確認や調査事項の多さ、という点があります。

これは売主である所有者というよりは、私どものような仲介をする立場の者が関係してくる項目です。

マンションの場合には先ほどの通り、設備面の不具合などですが、
戸建の場合には、設備面の確認以外にも、

・土地の測量の問題
・境界明示の問題
・隣地との境界にある塀の問題
・越境の問題
・私道や道路の問題
・電柱の問題
・ごみ置き場の問題
・埋設物の可能性の問題等々・・・

売却の依頼を受ける際や、実際に契約に至る前の段階でも、確認や調査する事項がたくさんあります。

これらがマンションとの大きな違いであり、
もしかすると、こういった点が独り歩きをして「戸建は難しい」というイメージがついているのかもしれません。

ただ、これは売主である所有者の難しさではなく、
ほとんどの手配や手続きは、私ども仲介業者が段取りをしますので、売主である所有者としての難しさはほとんどありません。


そういった意味では、良い仲介業者や、良い担当者に巡り合えるかどうかが、
戸建をスムーズに売るための大きなポイントになってくるかと思います。

知識が曖昧な担当者や、経験が浅い担当者ですと、売却においての物件の注意点に気づかずに進んでしまい、
契約後にトラブルに発展するケースもあります。


私どもアドキャストでは、売却のご依頼の際には、
土地の測量サービスや、建物のインスペクションなどなど、
無料で調査をさせていただき、売却の際に問題になる点を予め見つけ出します。


その上で、どういった状態で、どういった契約内容で売った方が、
後々問題にならないか、売主様買主様ともにご満足いただけるかを考えて売却活動をさせていただきます。



ご売却をご検討の際には、是非ともお気軽にご相談ください。

【東京不動産売却】
https://www.tokyo-for-sale.com/contact/



ページトップへ